『それ』が『それ』についてどれだけ語っても

『それ』が『それ』についてどれだけ語っても

『それ』が『それ』について
どれだけ語ったとしても

そこにあるのは
『それ』