否定感って

否定感って
否定感ってさぁ
固定的な『何か』だと信じてるから
わいてくるんじゃないかなぁ
いつも流れるように
いろんな時があることがあたりまえだと
どこかを掴んで
肯定したり否定したりって
ありえないんじゃないかなぁ