『愛されているのだろうか?』

という思いは、別な言い方をすれば

好かれているのかな?
認められているのかな?
受容されているのかな?

ということかと思いますが

「愛」って目に見えたりするものじゃなくて
常にあるもので
増えたり減ったり
あったりなかったりするものじゃないのだけれど

私たちは、現れているものしかわからないし
そこで、いろんなことを測るので

言葉や行動で確かめようとしたりします

愛してるって言われたかどうか
優しく接してくれたかどうかとか

『愛されていない』という思い込みからの
愛情への渇望はエンドレスのようです

いろいろなモノや人で埋めようとすることが起こりがちです
思考はわかるものしか信じない傾向があるので

例えばですが
この世界のすべてを構成している最小単位と言われている
素粒子

「素粒子は愛のエネルギーだ」と信じてみてください
この世界は愛しかないことになります

何を信じたかがあなたの世界を創っています

愛されているのかどうか気になってもならなくても
どうせ愛されているのです
っていうか
あなたが愛なのだから
愛は愛を探せないよね